G
グローバル科学文化出版
Welcome to Global Science and Culture Publishing        


ホーム出版>中国国防
                                               
電子版先行好評発売中!!  パソコンに収納でき、置き場所に困らない。




もっと知りたい!中国国防
Adobe Acrobat eBook






















著者 彭光謙
訳者 孫瑾/加藤久佳
写真 中国図片庫
監修 国務院新聞弁公室
ダウンロード版価格   980円 (税込)
サイズ   889×1194mm
文字数/ページ数   60千字/146P


在庫:
数量:
 

本の内容
安全保障に関する中国指導部の考え方、中国の防衛政策の全体像をわかりやすく、体系的に整理した決定版。奮闘中の発展途上大国として、中国の安全環境にはどんな特徴があるのだろうか?中国国防建設が歩む道はどのような道なのだろうか?中国国防の現代化レベルはどうだろうか?中国国防力の発展は、世界平和と地区の安定の脅威なのかあるいは貢献しているのか?この一冊で「中国の国防」が分かる。

目次
一、中国の国防?権利と責任
  (一) 歴史に学んだ本質的認識
  (二)陸海両面の安全に対する圧力
  (三)安全環境の不安定性と不確定性
  (四)隣国に関係する安全問題
  (五)国家生存の安全と安全性の発展が直面している厳しい挑戦
二、中国国防政策の自主性、自衛性、防御性
  (一)戦略的文化伝統の延長
  (二)現実政治の内在的規定性
  (三)内在的発展の道の反映
  (四)積極的防御戦略方針
三、新たな安全観?国防政策の思想的基礎
  (一)平和共存五原則から新たな安全観に至るまで
  (二)新たな安全観の基本的内容と時代的価値
  (三)現代中国における新たな安全観の実践
四、「三結合」の武装力
  (一)中国人民解放軍
    陸軍
    海軍
    空軍
    第二砲兵
    予備役部隊
  (二)中国人民武装警察部隊
  (三)民兵
五、独立的国防科学技術工業システム
  (一)体制改革
  (二)軍民結合
  (三)科学技術による軍の強化
  (四)軍需物資購入と輸出制限
六、国家の最低限度の安全を満足させるために必要な支出
  (一)国防建設と経済建設を協調発展させる方針を堅持
  (二)国家の安全にとって必要な国防費の適度な増加
  (三)世界各国の中で比較的低い中国国防支出
七、新たな時期における対外軍事交流と合作
  (一)日増しに活発になる対外軍事交流
  (二)中国と国連平和維持活動
  (三)反テロリズム合作と合同軍事演習
八、中国の特色ある軍事変革
  (一)世界の新たな軍事変革に対応する挑戦
  (二)情報化を核とし、国防と軍事システムの刷新を全面的に推進
  (三)中国の特色ある乗越え式発展の道を歩む
九、中国の国家安全における台湾問題
  (一)台湾問題の実質は主権問題
  (二)台湾問題は現代中国の国家安全戦略における核心問題
  (三)台湾問題解決の基本方針?「平和統一、一国二制度」
  (四)平和統一を堅持するが、武力行使は放棄しない

 
                             

トップページ